POINT1 どちらがお得?お金編

支出総額シミュレーション

一生賃貸に住んで家賃を支払い続けるのか? 購入して住宅ローンを支払うのか?住宅は人生で一番高い買い物だけに誰もが悩むところ。 賃貸と購入どっちがお得?POINT1では、住まい選びで一番気になる「お金」を賃貸に住み続けた場合と小運輸した場合で生涯コストをシミュレーションしてみました。

購入時の負担額やローン返済期間中の支払金額は、購入した場合の方が多くなるが、ローンの返済を終えると購入した場合の負担額が激減。一般的には住宅を早期に購入した方が生涯コストは安くなる傾向にある。
※エリアや金利情勢、税制面によっては異なる場合があります。また、価値が下がるとはいえ資産を残せるのも購入のメリットです。

一家の大黒柱が亡くなったら?

賃貸の場合は家賃の支払いが続くため、賃料の安い部屋に引っ越しをする必要が出てくるケースがあります。購入の場合は団体生命信用保険で住宅ローンが完済されるのが一般的。遺族は住宅ローンの負担なく今の家で引き続き生活を送ることが出来ます。

POINT2 どちらがお得?立地・建物編

優先すべきは、丈夫さか?気軽さか?

一般的に構造面では分譲マンションが安心。ただ、建物が被害にあった場合、 賃貸は引っ越せばいいですが売買物件は積立金で補てん出来ない場合は、 多額の修繕費が発生するケースも。

POINT3 どちらがお得?住み方編

優先すべきは、自由さか?気軽さか?

賃貸は何と言っても引っ越しができる点がメリット。場所や物件に縛られることなく自由に生活することができます。一方売買は、引っ越しは自由にできない反面、部屋のアレンジは自由自在。リフォームで間取りから壁紙まで自分の好みに変更できます。

突然転勤になったら?

賃貸は、転勤先に引っ越すだけですが、購入した場合は、売却するか・賃貸に出す必要があります。 転勤の可能性がある場合は、売却する・賃貸に出す場合のことも考えて立地を選ぶ必要があります。

まとめ

ライフスタイルにあった住まい選びを

住まい選びで重要なのはライフプラン賃貸も売買もそれぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えません。賃貸の場合は、ライフプランに合わせて気軽に住み替えができますが、購入の場合、居住費の支払い総額は安くなる傾向がありますが、ライフプランが確立する前に購入してしまうと失敗するケースも。金利や税制も購入の一つの判断基準ですが、まずは、将来を見据えたライフプランを決めることが大切です。