POINT1 お部屋の条件を整理

この春、初めて一人暮らしを始めるあなた。進路決定後、「実際どう部屋探しを進めていいのかわからない」と悩んでいませんか?そんな方にお部屋探しから入居までのスケジュールをご紹介します。

まずは一人暮らしをイメージして、エリア、間取り、予算を確認しましょう。

沿線・エリアを決める

まずは、毎日通う学校がある場所や最寄駅まで、何分で到着したいか考えましょう。そうする事で、自然とエリアが絞られます。目的地まで複数の駅がある場合は、両方チェックしていると選択肢が広がります。

予算を決める

ご両親と予算を話し合いましょう。

間取り・設備を決める

一人暮らしなら基本的には、1R~1LDK。バストイレ別など、譲れない条件を書出しましょう。条件を全て満たす物件は、なかなか見つかりません。どの条件を優先するか、順位を付けておくと良いでしょう。

POINT2 実際に情報を集めましょう

次に実際に物件の情報を収集してみましょう

どんな物件があるかを実際に探してみましょう

STEP1で決めた条件をもとに、実際にホームページなどで検索してみましょう。携帯・スマホからも検索可能です。【通勤、通学時間から探す】を使うと便利です。たくさん物件が出てきた場合は、より条件を絞ってみましょう!逆に物件があまり出てこなかった場合は、探し方を変更してみて下さい。

気になる物件が見つかったら、資料請求をしてみましょう

気になったらまずは問い合わせてみましょう!その物件の空き状況や写真など詳しい内容を教えてもらえたり。もしそのお部屋がもう空いていなくても、条件が近い物件を紹介してもらえます。もし物件が上手く見つけられなかったら、ピタットハウスに希望の条件を伝えて相談してみましょう。

POINT3 探しに行ってみよう

条件が整理できたらピタットハウスに行ってみましょう。

来店前には予約をしましょう

希望エリアのピタットハウスに直接行くより、事前に予約することをおすすめします。事前に条件を伝えておくことで、お待たせすることなく物件のご案内が出来ます。ホームページで気になる物件がある場合は物件も伝えておきましょう。来店したら、見たかった物件が別の人で決まってしまったなんて事を防げます。また、来店時までに担当者がおすすめの物件を探しておいてくれて、よりあなたにピッタリなホームページに掲載されていない物件を紹介してくれることもあります。

お部屋の見学のポイント

実際に物件を見学する際にはカメラとペンは忘れずに持っていきましょう。また、持っている家具や家電を使う場合は、事前にサイズを図っていき、お部屋に入るかをチェックしましょう。気に入った物件があったら、申込みをしましょう。

お申込みしよう

物件を見学して、住みたい部屋が見つかったら、申込をします。

1.入居申込

申込みとは「物件を借りたい」という意思表示になります。申込みの際には身分証明書(免許証や健康保険証)と連帯保証人の記入が必要です。事前に、連帯保証人になってくれる人は探しておきましょう。
※保証会社を利用できる場合もあります。

2.入居審査

「入居申込書」を基に貸主さんや管理会社が入居審査を行います。審査の際には、収入照明が必要な場合もあります。お申し込みの際に、何が必要となるか担当者に確認しておきましょう。

3.契約

貸主等の審査が通ったら、契約です。契約の際には、「重要事項説明」が行われます。住んでから、「こんなの知らなかった!」とならないために、わからないことは契約時に確認しましょう。

まとめ

初めての一人暮らし。理想のお部屋の条件がたくさんあるでしょう。ただ、全ての条件が叶うお部屋は難しいぞ、合格時期によっては、すぐにお部屋を決めないといけない人もいるはず、優先順位を整理して自分にピッタリのお部屋をみつけよう!少しでもわからないことや不安なことは、なんでも担当者に聞いてみましょう。