あ行

アパート

[あぱーと]
「アパートメント(apartment)」の略語であり、木造や軽量鉄骨造。各部屋を住居として貸し出す2階建以下の建物が一般的にアパートと呼ばれる。


RC造

[あーるしーぞう]
鉄筋コンクリート構造。木造よりも強度・耐久性・耐火性に優れます。


一括借上げ

[いっかつかりあげ]
不動産の管理会社が、大家様から賃貸物件、または部屋は一括して借り上げて、 満室賃料の一定の割合を大家様に支払う仕組みであり、管理業務も併せて行う。 大家様にとっては空室リスクや管理業務の軽減するメリットがあるが、 賃料は管理会社へ入金された賃料から一括借上げ手数料を差し引いた金額となり、 空室が増加すると一括借上げ契約の更新時に、賃料値下げや契約解除の交渉をされる場合がある。


一般媒介契約

[いっぱんばいかいけいやく]
宅地建物取引業者が締結する媒介契約の一つであり、依頼者に対して制約事項を課さないものです。また、複数の仲介業者に依頼できる内容で、 依頼した業者名を明らかにする「明示型」と、依頼した業者名を明らかにしない「非明示型」の2種類に分かれます。


遺品整理

[いひんせいり]
少子高齢化、孤独死などの社会問題が起こっている現代に生まれた新しい供養の形であり、 故人の残した品を遺品とみなして、それらを丁寧に整理することです。


インターホン

[いんたーほん]
お部屋と玄関(室外)の通話のための通話装置のことです。マンションの場合は、建物の入り口に取り付けられることが多いです。


ウォークインクーロゼット

[うぉーくいんくろーぜっと]
収納の一つであり、その名の通り、人が歩いて入れるクローゼットのことです。


エクステリア

[えくすてりあ]
外壁や庭、外溝などを含めた建物の外側全体を表す言葉として、住宅の「インテリア」の対義語として使われます。


エコキュート

[えこきゅーと]
正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」。ヒートポンプ技術で二酸化炭素を利用してお湯を沸かすことのできる電気式給湯器のことです。


ALC造

[えーえるしーぞう]
工場にてオートクレーブ状態で製造管理され、通常の発泡軽量コンクリートよりも湿気に強いALCコンクリートのことです。ALCパネルとして用いられます。


AD

[えーでぃー]
広告宣伝費のことです。物件を宣伝するための手数料として、不動産業者が家主・借主に請求する事の多い費用となります。


SRC造

[えすあーるしーぞう]
鉄骨鉄筋コンクリート構造。鉄製の骨格と鉄筋コンクリート構造を併用したもので高コストだが軽量かつ頑丈。主に中高層マンションに用いられます。


LED照明

[えるいーでぃーしょうめい]
LEDダイオードを用いた照明のことです。 電球や蛍光灯に比べて発熱しない・消費電力が少なく長寿命といったメリットがあるが、若干高価である・照射角度が狭いといった問題点もあります。


エントランス

[えんとらんす]
マンションなどの入り口部分のことです。


追い炊き機能

[おいだききのう]
沸かしたお湯が冷めてしまった時に、再度追い炊きをして温かくする機能のことです。


大家

[おおや]
マンションやアパートなど貸家の持ち主。家主とも言います。


オール電化

[おーるでんか]
住宅にある生活家電(暖房・給湯・調理など)を全て電力でまかなえるようにするシステムのことです。 例えば、「ガステーブル→IHクッキングヒーター」、「ガス給湯器→エコキュート、電気温水器」に変えます。

か行

害虫駆除

[がいちゅうくじょ]
建物や入居者に対して有害な作用をもたらす虫を駆除することです。


外壁

[がいへき]
建物の外側に面している壁のことです。


カギ

[かぎ]
カギとはお部屋のドアや建物入り口に取り付けて、カギを開けることができる人間以外の使用を制限するものです。 カギの判別装置としてシリンダーを装置した錠前や、 カードの記録情報を読み取るカードリーダーを装備した錠など、様々な種類があります。


貸主

[かしぬし]
不動産の賃貸借契約において、不動産を貸す人・法人のことです。不動産所有者、又は不動産賃貸の権限保有者となり、 貸主が不動産を賃貸のみを行う場合には、宅建免許が必須ではありません。


家電・家具レンタル

[かぐ・かでんれんたる]
快適な生活を送るために必要な家電や家具などの生活用品を専門業者からレンタルすることです。 家電・家具付物件として初めての一人暮らしの方や一定期間の滞在が必要な方向けに訴求します。


借主

[かりぬし]
不動産の賃貸借契約において、不動産を借りる人・法人のことです。 貸主と賃貸借契約を行い、不動産を借りる契約を結んだ人・法人が借主となります。


管理会社

[かんりかいしゃ]
マンションやアパートなどの大家に代わって、建物や入居者、賃料管理など様々な業務を行う会社のことです。


キッチン

[きっちん]
台所、調理場のことです。システムキッチンやカウンターキッチンなど入居者に好まれる様々なタイプのキッチンが存在します。


給湯器

[きゅうとうき]
水をお湯に変えて供給する器具のことです。キッチンに取り付けて器具の管からお湯を出す「小型湯沸器」や、 浴槽のお湯の追い炊きができる機能がついた「追炊機能付給湯器」などがあります。


行政書士

[ぎょうせいしょし]
行政書士法に基づく国家資格者で、依頼を受けて報酬を得て、 役所に提出する許認可などの申請書類の作成や遺言書などの権利義務、事実証明および契約書の作成などを行う専門家です。


空室

[くうしつ] ※あきしつとも言う
マンションやアパートなど入居者やテナントがつかない部屋のことです。


区分所有

[くぶんしょゆう]
分譲マンションのように建物が独立した各部分から構成されている時に、その建物の独立した各部分を所有することです。 構造上や利用上での独立性がある建物であれば区分所有が成立します。


競売

[けいばい]
債務者が担保として提供していた不動産(建物や土地など)を、債権者が裁判所を通じて競りにかけて、 最低売却価格以上の最高値で落札した申出人に売却し、その売却価格によって債務の弁済を受ける制度です。


原状回復

[げんじょうかいふく]
国土交通省のガイドラインによると「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、 賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、 その費用は賃借人負担としています。つまり、原状回復は、「賃借人が借りた当時の状態に戻すことではない」ことを明確にし、 そして、いわゆる自然損耗、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃貸人負担としています。


建設会社

[けんせつかいしゃ]
建設工事の完成を請け負う営業、日本においては、土木建築に関する工事で、 建設業法に規定する建設工事の種類にある工事の完成を請け負う営業の建築業を営む会社のことです。


コインランドリー

[こいんらんどりー]
お金を入れると作動する自動洗濯機や乾燥機を設置したセルフサービスの洗濯施設のことです。 人件費や景気に左右されにくいので、空き店舗など土地活用に向いていると言われています。


抗菌

[こうきん]
菌の増殖を阻止することで、宅内や設備などの表面に菌などが付きにくい処理を施すことです。


広告料

[こうこくりょう]
部屋付けをした不動産仲介会社に大家が支払う謝礼金のことです。


更新料

[こうしんりょう]
賃貸借契約の更新の際に、大家が入居者に対して請求する費用のことです。 法律で定められたものではありません。なお、賃貸住宅の「更新料」支払いを義務づけた賃貸借契約条項が 有効かどうかが争われた訴訟3件の上告審判決で、平成23年7月15日に最高裁は「更新料が高額過ぎなければ有効」 とする判断を示して、更新料の返還を要求した借主の請求を破棄しました。


高齢者住宅

[こうれいしゃじゅうたく]
法的な定義のある用語ではないですが、高齢者に配慮した、又は高齢者専用の住居(マンション)のことです。 バリアフリー仕様となり、訪問介護サービスを提供しているものもあります。 大家様は、国が実施する「高齢者居住安定確保計画」登録制度を用いて、高齢者を受け入れる体制を作ります。


固定資産税

[こていしさんぜい]
毎年1月1日現在において、土地、家屋、償却資産などの固定資産を所有している者 (固定資産課税台帳に登録されている納税義務者)に対して、その固定資産の価格を基に算出され課税される地方税のことです。


さ行

サブリース

[さぶりーす]
不動産の管理会社が、大家様から賃貸物件、または部屋は一括して借り上げて、満室賃料の一定の割合を大家様に支払う仕組みのことです。管理業務も併せて行います。 大家様にとっては空室リスクや管理業務の軽減するメリットがあるが、賃料は管理会社へ入金された賃料から一括借上げ手数料を差し引いた金額となり、 空室が増加すると一括借上げ契約の更新時に、賃料値下げや契約解除の交渉をされる場合があります。


敷引

[しきびき]
賃貸借契約時に支払った敷金の一部、又は全額を退去時に「修繕費用」や「破損費用」に充てて、借主に返還しない金額のことです。


敷金

[しききん]
賃貸借契約の解約手続きにて、退去する際に原状回復の定義に則って、宅内や設備の破損を修復する際に使用するものです。 近年では敷金返還でのトラブルが増加しています。


資産運用

[しさんうんよう]
自己の資産を貯蓄や投資をすることによって、資産を増加させていくことです。貯蓄は銀行などに預けて、 主として貯めていくことが目的となり、投資は貯めることよりも、増加させることが主の目的となり、 不動産投資、株式投資、投資信託、商品ファンドなどの様々な種類があります。


司法書士

[しほうしょし]
登記、供託、訴訟などに関する手続きの適正かつ円滑な実施に資し、 もって国民の権利の保護の寄与することを目的とする国家資格を所有する法律の専門家のことです。 業務を大きく分けると、法律事件の解決、登記業務、書類作成業務の3つとなります。


修繕

[しゅうぜん]
建物は経年と共に自然環境や人為的な環境の影響を受け、徐々に現状性能の低下を起こしていきます。 その性能を初期の状態に回復させることを「修繕」と言います。


収納

[しゅうのう]
衣類や生活用品を整理すること、その部分のことです。ウォークインクローゼットもその一つです。 建物の専有面積に対する収納スペーズの割合を示す収納率で、マンションの理想の収納率は8%以上と言われています。


消臭

[しょうしゅう]
特定の悪臭を除去することです。空室期間が永く、使用されない水回り部分からの悪臭発生が多く、空室対策として施すことが多いです。


浄水器

[じょうすいき]
一般的には水道に取り付けるものが浄水器と呼ばれますが、目的によって複数の種類があります。水道メーター以降の水道配管を直接取り付けるセントラ浄水器、 キッチンのシンク内に設置するビルトイン浄水器(アンダーシンク型とも言う)、蛇口と一体となった蛇口一体型浄水器などがあります。


清掃

[せいそう]
建物の衛生、外観を保つために掃除することです。週に2~6回マンション・アパートなど施設全般において日常的な清掃を行う「日常清掃」や、 年に1~2回(多いところでは1ケ月に1回)通常の日常清掃では落とせない汚れなどを、専用の機械を使用 し、清掃する「定期清掃」などがあります。


税理士

[ぜいりし]
税に関する相談をはじめ、税に関する書類作成、税金に対する手続きを依頼主に代わって行う税務の専門家のことです。


セキュリティカメラ

[せきゅりてぃかめら]
防犯目的、又は事件の記録を目的とした録画用カメラのことです。マンションではエントランスや駐車場、エレベーター、各階廊下に設置することが多く、 アナログカメラやネットワークカメラがあります。


設計事務所

[せっけいじむしょ]
マンションやアパートの建築計画立案、設計、設計監理、工事監理などを業務とする事務所です。いかに少ない予算で、 良質で高い満足を得る住宅づくりをするかが設計事務所の特徴です。


専任媒介契約

[せんにんばいかいけいやく]
宅地建物取引業者が締結する媒介契約の一つであり、依頼者は複数の宅建業者に重ねて媒介や代理を依頼することを禁じることです。


洗浄機能付き便座

[せんじょうきのうつきべんざ]
洋風便器に設置して、温水にて肛門を洗浄する機能を持った便座のことです。賃貸物件では人気のある設備となっています。



相続

[そうぞく]
亡くなった人の財産上の地位を、家族などの相続人が受け継ぐことです。引き継ぐ財際には建物や土地、 貸金などの債権も対象となりますが、借金や損害賠償債務といったマイナス財産も対象となります。

た行

退去立会代行

[たいきょたちあいだいこう]
大家様と退去者に対して、公正な判断で、トラブルなく退去ができるために、不動産管理会社や専門業者が第三者として退去時の立会を代行することです。


耐震構造

[たいしんこうぞう]
建物が地震に耐えることができるように設計した構造。 地震の力に対抗して建物を強固に設計建築する方法と、地震のエネルギーを吸収して、 地震の振動数と建物の固有振動数が一致した時の共振による被害を防ぐ方法があります。


太陽光発電

[たいようこうはつでん]
太陽光のエネルギーを太陽電池で電力に変換する発電システムのことです。燃料を必要としないため、環境汚染がなく、環境問題への関心から近年は一般家庭での導入も増えています。 様々なメーカーの競合によって、性能は向上し、導入コストの低価格化が進んでいるなど、注目すべき設備と言えます。


地上波デジタル

[ちじょうはでじたる]
従来のアナログ変調に対して、デジタル変調やデジタル圧縮を利用したテレビやラジオの地上放送のことです。 なお、2011年7月24日をもって、日本国内の地上波テレビ放送は従来のアナログ波から地上デジタル波へと伝送方式が変わっています。


仲介手数料

[ちゅうかいてすうりょう]
宅建業者に不動産を仲介してもらった場合に支払う手数料のことです。なお、宅建業者以外が、仲介手数料を請求することは違法となります。 金額上限は宅建業法に定められています。1~200万円の部分は売買金額の5%とその消費税、200万円~400万円の部分は売買金額の4%とその消費税、 400万円を超える部分は売買金額の3%とその消費税になります。


貯水槽

[ちょすいそう]
賃貸物件では水道管から供給された水をいったん受水槽に貯め、これをポンプで屋上などにある高架水槽にくみ上げてから各家庭の皆さんに給水します。 この受水槽と高架水槽を合わせた設備を一般的に貯水槽といいます。


抵当権

[ていとうけん]
債務不履行となった場合、その債権について他の債権者に優先して弁済を受けることができる権利のことです。


ディベロッパー

[でぃべろっぱー]
不動産業者のうち、マンションやオフィスビル建設、リゾート開発、宅地造成など大規模な開発を行う業者のことです。


鉄筋コンクリート造

[てっきんこんくりーとぞう]
RC造。木造よりも強度・耐久性・耐火性に優れます。


鉄骨造

[てっこつぞう]
柱、梁、桁などの主要構造部材を鉄骨として建築した鉄骨建築物のことです。S造とも言われ、地震時の鉄の靭性(ねばり)に期待される構造となっています。 なお、鉄骨造では、軽量鉄骨造、重量鉄骨造があり、鉄骨造と鉄筋コンクリート造をあわせたSRC造などがあります。


テレビモニターホン

[てれびもにたーほん]
テレビモニター付インターホンの略語。エントランスなどに設置したテレビカメラを通じて、インターホンと連動したモニターで訪問者を確認できる装置のことです。


土地活用

[とちかつよう]
土地を所有しているが維持費や管理の手間などがかかるだけとなっている低利用地や未利用地を、有効活用して経済的収益をもたらす不動産にすることです。


トランクルーム

[とらんくるーむ]
家財や書籍、衣類、又は企業の事務機器や書類などを収納するための貸しスペースのことです。 マンションやアパートの限られた居住空間を最大限に有効活用する上で便利な設備となります。


鳥対策

[とりたいさく]
鳥糞や羽などにより汚される建物の衛生面を守るための対策のことです。


な行

内装

[ないそう]
室内の装飾や照明、家具、壁面の仕上げ、床、天井などの仕上げの総称です。 建築基準法によって、キッチンなどの火気使用室など下地や仕上げ材を注意すべき箇所があります。


内容証明郵便

[ないようしょうめいゆうびん]
日本郵政公社によって、郵便物(書面)の内容を公的に証明する制度のことです。 相手方への到達を証明するためにも、「配達証明付の速達書留内容証明郵便」で郵送するのが一般的となります。


24時間駆けつけサービス

[にじゅうよじかんかけつけさーびす]
カギ閉じ込め・水漏れ・不審者徘徊などのトラブルが発生した際に、 24時間いつでも専門のスタッフが駆けつけて対応してくれるサービスのことです。 サービス提供業者によって対応可能なサービス分野が異なります。


入居者無料インターネット

[にゅうきょしゃむりょういんたーねっと]
入居者が無料(格安の場合もある)でインターネットが利用できることを可能とする設備のことです。 導入費用や月々の費用は大家様が負担をして、空室対策設備とての効果がある。 全国賃貸住宅新聞社が毎年、発表する人気設備ランキングでは常に上位にランクインしています。 (ブロードバンド無料設備との表現もある。)


ノンリコース・ローン【ノンリコ】

[のんりこーす・ろーん]
返済原資を不動産収入に限定し、その収益力を評価して融資する仕組みです。 融資対象の不動産以外に、債務の返済義務が及ばないこと(対象となる不動産の売却金以外は免責される。)が大きな特徴です。


は行

媒介契約

[ばいかいけいやく]
不動産の売買・貸借を不動産業者に依頼する場合の契約の一つで、売主・貸主・借主と宅地建物取引業との間で締結されます。 なお、宅地建物取引業法にて定められている行為で、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。


排水管

[はいすいかん]
建物内や敷地内において発生する汚水や排水、雨水などを排除する管のことです。


バリアフリー

[ばりあふりー]
高齢者や身体障害者などのハンディキャップがある方々が生活しやすく工夫された状態のことです。 一般的には床の段差をなくしたり、階段やトイレなど各所に手すりを付けるなどの対策がされています。


PC造

[ぴーしーぞう]
プレキャスト・コンクリート造。工場にて鋳型を用いて製造された鉄筋コンクリートパネルを組合わせて建物を建築する様式で、現場での建築期間を短縮しつつ高層建築が可能となります。


不動産鑑定士

[ふどうさんかんていし]
不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格を有した、 国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けた不動産の経済価値に関する専門家のことです。


不用品回収

[ふようひんかいしゅう]
清掃やリフォーム、原状回復などの際に出た不要なものを業者に依頼して処分してもらうことです。


ブロードバンド無料

[ぶろーどばんどむりょう]
入居者が無料(格安の場合もある)でインターネットが利用できることを可能とする設備のことです。 導入費用や月々の費用は大家様が負担をして、空室対策設備とての効果がある。 全国賃貸住宅新聞社が毎年、発表する人気設備ランキングでは常に上位にランクインしている。 (入居者無料インターネット設備との表現もある。)


フローリング

[ふろーりんぐ]
洋風の木質床仕上材、またはそれを用いた床のことです。木の板を使った床材のこと。大きく分類すると、 下地の合板に薄い板を張り合わせた複合フローリングと、天然の木材をそのまま加工した無垢材フローリングがあります。


プロパティーマネージメント

[ぷろぱてぃまねーじめんと]
大家様の代理として不動産全般の運営管理を行い、収益の最大化を図ることです。 建物や設備のメンテナンス業務で一般的に言われる賃貸管理業務だけでなく、資産管理を重要とし、収益の最大化が目的となります。


防水

[ぼうすい]
建物を雨漏りや水漏れから防ぐために施工している加工のことです。 なお、雨漏りや水漏れは主に屋根、屋上、ベランダ、排水管などの水回りから発生することが多いです。


ホームセキュリティ

[ほーむせきゅりてぃ]
住居侵入犯罪や火災、ガス漏れなどから建物、入居者の身を守るシステム全般のことです。 業者が提供するサービスも大きく分類すると 「セキュリティー機器を自宅に設置してその機器のみによってセキュリティー管理をするもの」と 「セキュリティー機器がセキュリティー会社と通信を常に行っておりセキュリティー会社が自宅を監視してくれるというサービスのもの」があります。


ホームページ作成

[ほーむページさくせい]
正式には「ウェブサイト」と呼ばれるもので、様々な情報を発信するためのページの集まりのことです。 日記形式で成り立っている「ブログ」や、 ツイッター・フェイスブック・ミクシィ等のような投稿者同士の交流を目的とした「SNS」とは区別されます。 なお、賃貸経営に関連する情報発信のツールとしてホームページは重要性を増してきています。


補修

[ほしゅう]
建物は経年と共に自然環境や人為的な環境の影響を受け、徐々に現状性能の低下を起こしていきます。 その性能を実用上支障の無い水準まで戻す行為を「補修」と言います。


保証会社

[ほしょうかいしゃ]
賃貸借契約時に保証人がいない入居者の保証人となってくれる会社のことです。 大家様のメリットは入居者の審査の実施、保証人なしの入居者も安心して契約することができることです。 借主のメリットは保証人がいなくても審査に通れば入居することができることです。


保証人

[ほしょうにん]
民法では保証債務を負う人、一般には、身元などを保証する人のことです。 債務者と同等の義務を負う「連帯保証人」とは異なり、「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」と3つの権利があります。


ま行

間取り

[まどり]
リビング、キッチン、風呂、トイレ、各部屋などの配置のことです。 間取りによって住み易さが大きく変化するので、入居者にとっては部屋探しの際に重要となります。


マンション

[まんしょん]
鉄骨コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅のことです。


マンション管理士

[まんしょんかんりし]
マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる専門知識を有した専門家のことです。


マンスリーマンション

[まんすりーまんしょん]
1ヶ月からの短期契約で入居できるマンションのことです。 礼金や仲介手数料などが不要で、間取りも単身者向けからファミリータイプまで多様に存在します。


メゾネット

[めぞねっと]
集合住宅のひとつで、2層以上になっていて、階段があるなど戸建に近いイメージとなる形式です。


目安賃料

[めやすちんりょう]
「わかりやすい、くらべやすい」を合言葉にして、全国一律に同じ基準に計算された賃料などの金額を表示するもので、一般的に以下の説明がなされます。

「目安賃料とは賃料、共益費・管理費、敷引金、礼金、更新料を含み、賃料等条件の改定がないものと仮定して4年間賃借した場合(定期借家の場合は、契約期間)の1ヶ月当たりの金額です。
※敷引金は、敷金の償却、保証金の償却など、預った金銭から必ず差し引くものをいいます。
※目安賃料は、消費者に適切な情報を提供するための表示であり、事業者に一時金を推奨しているものではありません。
※目安賃料は、実際の総支払額と異なる場合があります。詳しくは、不動産会社にご確認ください。 」


免震構造

[めんしんこうぞう]
構造設計の概念であり、地震力を抑制し構造物の破壊を防止する構造のことです。 構造体内部に震動を吸収する装置を組み込むことで構造物の破壊を防止します。


木造

[もくぞう]
柱・梁・小屋組などの主要構造部材を木材・木質材料で建築した木造建築物のことです。


や行

家賃

[やちん]
賃貸住宅を借りる際に必要となる賃料のことです。月払いが一般的ですが、借用期間分の家賃を一括前払いするスタイルも存在します。


家賃滞納保証

[やちんたいのうほしょう]
借主が家賃を滞納した場合に、大家様に不利益が発生しないよう金銭的な保証を行うことです。


家賃保証

[やちんほしょう]
賃貸物件に空室があっても一定の賃料を支払い、空室発生による大家様の損失を減殺するサービスのことです。サブリースと併用される事が多い。


屋根

[やね]
建物の上部に設けられている、風雨や日光から建物本体や入居者を守るための覆いのことです。 常に直射日光に晒されている事が多いので、近年ではソーラーパネルを設置して自己発電能力を持った屋根も多く存在します。


床暖房

[ゆかだんぼう]
床下から床全体を電気やガス等で間接的に加熱する暖房設備のことです。 エアコンに比べて床付近を効率的に温められるのみならず、機械が室外にあるので室内の空気を汚す事もありません。


ユニットバス

[ゆにっとばす]
浴室とトイレと洗面台を一つの部屋にまとめたものです。 天井から床までがプラスチック製の部品で構成されており、低コストでコンパクト、洗浄も容易なので安価な物件に多く用いられています。


ら行

ラーメン構造

[らーめんこうぞう]
柱や梁を強固に結合した骨格で建物の強度を保つ構造のことです。 壁面に強度を持たせる必要がないので建物内部の空間の自由度が高く、後々のリフォームも容易という副次的なメリットもあります。


リロケーション

[りろけーしょん]
長期出張等で留守宅になる自宅を、業者を介して期限付きの賃貸物件として貸し出すことです。


礼金

[れいきん]
賃貸物件の契約時に借主が大家様に対し「謝礼」として支払う費用のことです。 敷金とは異なり「謝礼」なので退去時の返金対象にはなりません。


連帯保証人

[れんたいほしょうにん]
契約者が所定の料金を支払不能になった際に、契約者に代わり支払義務を負う者のことです。賃貸物件の契約時に必要となることが多い。


ロビー

[ろびー]
マンション・ホテルなどに設けられた広い共有空間のことです。応接間的に用いられる事が多い。


わ行

枠組み壁工法

[わくぐみかべこうほう]
木製の枠組みに構造体を兼ねた壁材を組合わせる工法のことです。 広い空間が確保でき、耐震性や断熱性に優れる。「ツーバイフォー(2X4)工法」が最も一般的な枠組み壁工法である。


ワンルーム

[わんるーむ]
区切りのない一つの部屋のみで構成される物件のことです。 単身者・短期滞在者向けの安価な物件として好まれ、少しでも居住スペースを稼ぐためにロフトが設けられる事も多い。